ほうれい線を消したい!化粧品とサプリメント!

顔のたるみのセルフケア

顔のたるみを引き締める「ポリバケツ」

「ポリバケツ」を口癖に!
即効性
手軽さ
メリット
・手軽にできる
・費用がかからない
・手間暇かからず、簡単
・滑舌も良くなる?!
・首のシワ改善にも効果的
デメリット
・初めてすぐは口の周りが軽い筋肉痛になることも
・声を出す為、人前ではできない
口を大きく開け、声を出す

小顔効果抜群、と知る人ぞ知る顔の「ポリバケツ」体操をご紹介しましょう!体操、と言っても非常に簡単で、顔を後ろに仰け反らせた状態で「ポリバケツ」と20回発声するだけでOKです。コツは口を大きく開けること、はっきり声を出すことだけです。口の周りを中心に表情筋が鍛えられますので、顔のたるみ解消効果が期待できます「あいうえお」や「あえいうえおあ」でも同様の効果が得られますが、「ポリバケツ」という言葉にも5行全ての音が含まれています。

バスタイムの習慣に

「ポリバケツ」体操はできれば1日2回を習慣にしたいものですが、バスタイム中に行うことでより高い効果を得ることができます。入浴中は全身の血流が促進されていますので、せめて1日1回はバスタイム中に「ポリバケツ」と繰り返し、顔のたるみを解消しましょう。シャンプーやリンス中にもできますから、時間がない方にもお勧めです。

首のシワの改善効果も

「ポリバケツ」体操中では首を後ろに仰け反らせます。ですから首のストレッチにもなり、首のシワの改善効果も期待できます。「ポリバケツ」と言いながら首のシワを伸ばすマッサージをしたり、色々工夫してみましょう。

滑舌も良くなる?!

「ポリバケツ」体操は非常に簡単な顔のたるみ解消体操ですが、慣れて来たら他の言葉も試してみましょう。「ポリバケツ」と繰り返すだけでも発声トレーニング効果がありますが、早口言葉もお勧めです。「生麦生米生卵」、「東京都特許許可局、農商務省特許局、日本銀行国庫局」、「青巻紙赤巻紙黄巻紙」、「新春シャンソン・ショー」、「不気味なぶ男だがぶりをぶら下げてブルドックにかぶりつかれた」など徐々にレベルをアップし、「Shining soldiers(輝く戦士たち)」、「How many cans can a canner can if a canner can can cans?(もし缶詰工が缶詰を詰められるなら、何個の缶詰を缶詰工は詰めることができるか?)」なんて英語の早口言葉に挑戦してみるのも楽しいかも知れません。