ほうれい線を消したい!化粧品とサプリメント!

顔を引き締めるスキンケア・テク

たるませないスキンケアの盲点

洗い過ぎで顔が下向きに?!
即効性
手軽さ
メリット
・意識するだけでOK
・顔のたるみはもちろん、肌自体への労わり効果大
・肌へのダメージが軽減
デメリット
・ゴシゴシ洗うクセがついている場合、最初物足りない思いをする可能性大
・丁寧さを心掛けることでいつもより時間がかかることも
洗い過ぎていませんか?

1日に2回は行う洗顔ですが、洗顔に何を求めるかは人によって異なります。乾燥肌の方なら潤い重視でマイルドな洗い心地を求めるでしょうし、ニキビや吹き出物、毛穴汚れが気になる方は洗浄力重視の洗顔料を選び、爽快感を求めるのではないでしょうか。いずれにしても、問題は「洗い過ぎ」です。洗顔の目的は汚れを除去することなので矛盾するような気もしますが・・・。

洗うたび顔がたるむ?!

スキンケアと言えば化粧水や美容液が重視されがちですが、実は洗顔も決しておろそかにできない重要な要素です。洗顔時に肌にかかる負担は予想以上に大きく、洗う度に顔がたるむと言っても過言ではありません。皮膚に負担がかかってハリが失われれば、やはり顔全体が下向きにたるんでしまいますから。洗顔時の肌への負担は顔のたるみの意外な原因となっています。

皮膚へのダメージを最大限軽減

最近冷水洗顔が密かなブームになっています。ぬるま湯は皮膚に必要な潤い成分、皮脂を除去しすぎてしまいますし、冷水なら顔を引き締める効果もあるわけです。もちろん、冷水では洗顔料の泡立ちに問題がありますから、最初はなるべく温度を下げたぬるま湯を使わざるを得ませんが。顔のたるみ対策に効く洗顔方法のポイントとしては、とにかく皮膚へのダメージを最大限軽減し、乾燥させないことです。洗浄力重視の洗顔料は刺激が強過ぎますのでお勧めできませんが、俗にマイルド処方を謳う洗顔料も要注意で、結局肌に残るヌルヌル感を落とす為に洗い流し過ぎるので、逆に肌の乾燥を引き起こす恐れも。顔のたるみを防ぐ為にも、洗顔料はなるべく少量に抑え、手のひらで泡立ててから使います。余りにも乾燥がひどい場合、朝の洗顔時には洗顔料を使わない冷水洗顔で済ますのも効果的です。また、夜洗顔にも乳液をたっぷりつけた柔らかいコットンやガーゼでメイクを拭き取れば、少量のクレンジング剤でOKです。