ほうれい線を消したい!化粧品とサプリメント!

顔をたるませない食生活

顔のたるみに効く食材

サプリメントも上手に活用!
即効性
手軽さ
メリット
・身体の内側から顔のたるみを予防&改善できる
・美容面はもちろん、身体を健康に導くことができる
・肌表面も美しく磨かれる
デメリット
・必要栄養素を毎回食材で摂取するのは手間暇がかかることも。
・フカヒレなど食材によっては値が張る
・必要栄養素が摂取できても、料理法によってはカロリーオーバーになる可能性大。
顔のたるみの効果的な3大栄養素とは

一度たるんでしまった顔を引き締めるには、表情筋トレーニングやマッサージなど外側からのアプローチはもちろん、顔のたるみ対策に効果的な食材を接触的に摂取したり、食べ方に工夫するなど内側からのアプローチも必要です。食事は毎日とるものですから、できるなら顔のたるみ対策に有効な栄養素を取り入れたいもの。そこで、顔のたるみに効く3大栄養素をご紹介しましょう。顔をたるませない栄養素とは、ズバリコラーゲン、ヒアルロン酸、そしてエラスチンです。つまり、これらの栄養素を含む食材を積極的に摂取することで、顔のたるみを防ぎ、改善することができるのです。

カロリーにも要注意

コラーゲンを豊富に含む食材は、基本的にプルプルしています。魚やお肉の骨、内臓、皮など、普段の食事に積極的に取り入れていきましょう。また、ヒアルロン酸は手羽先やフカヒレから摂取できます。そしてエラスチンは軟骨、煮魚や牛すじ肉、手羽先に含まれています。フカヒレなどは高価な食材な上、手軽に料理できるものではありませんから外食に頼るのがお勧めですが、鶏肉などは値段も手頃ですし、スーパーで簡単に手に入れることができます。ただし、顔のたるみに効果的な食材は、高カロリーになりやすいものが多いのが難点です。脂肪もまた顔のたるみの原因となりますから、調理法や食べる量にも気を配り、上手に食べましょう。

サプリメントも併用

どんな栄養素にも言えることですが、サプリメントより食材の方が栄養素をスムーズに吸収できますし、吸収率も高くなります。ただしカロリーの問題や調理の手間暇などもありますから、サプリメントも併用しながら顔のたるみを内側から防ぎ、改善していくのがポイントです。