ほうれい線を消したい!化粧品とサプリメント!

顔をたるませない食生活

顔がたるまない食べ方テク

よく噛むのは当たり前! 食べ合わせにも注意
即効性
手軽さ
メリット
・顔のたるみはもちろん、全身のダイエット効果も期待できる
・肥満を防ぎ、生活習慣病の予防にもなる
・シワも防止できる
デメリット
・食べ合わせに気をつけるなど、面倒臭い部分も
・よく噛むので時間がかかる
・早食いがクセになっている方はストレスを感じる可能性大
よく噛むのは当たり前!

顔のたるみ対策として、食べ物をよく噛む対策方法は既に常識ですよね。スルメなど歯ごたえのあるものを積極的に取り入れ、よく噛んで食べることで口周りの表情筋を中心に顔の引き締め高価が期待できます。栄養素も豊富なスルメですが、ただし食塩には気をつけましょう。塩分が濃すぎる食材は顔のむくみを引き起こし、たるみ対策として「プラマイゼロ」どころか「プラマイマイナス」になる可能性大です。柔らかい食材でもとにかくよく噛むこと!消化の為にも意識して噛むことが大切です。

「食べ合わせ」にも注意

さて、顔のたるみを防ぐには血糖値を防ぐことが重要です。血糖値が上がり過ぎれば、肌の弾力、ハリが失われ、たるみの原因となってしまいますから。特に成人病でもない限り、血糖値を意識することはないと思いますが、実は血糖値を下げることこそ顔のたるみ対策として有効なのです。血糖値を抑える対策として、炭水化物など糖質の多い食べ物を食べ過ぎないことは有名ですよね。けれどその他にも食べ合わせも重要で、「単品食い」をしおないことも血糖値上昇予防として効果的です。具体的にご説明すると、ご飯も単品で頂くより、納豆やお味噌汁などと一緒に食べるのがコツで、タンパク質を吸収して排出する働きのあるオクラや納豆、山芋などネバネバ成分を含む食材、もしくは昆布やキノコ類、ノリなど食物繊維を含む食材がお勧めです。

食前のカフェインが盲点だった?!

コーヒーやお茶、ココアなどに含まれるカフェインですが、実は食前に摂取することで血糖値が上がりやすくなるそうです。なぜなら、カフェインは生体内で血糖値を下げてくれるただ1つのホルモンであるインスリンの働きを鈍らせるからです。身体のタンパク質が糖化すれば肌の弾力、ハリは失われ、顔のたるみどころかシワの原因にもなります。食前や食事中の飲み物はノンカフェインに切り替えましょう。