ほうれい線を消したい!化粧品とサプリメント!

エステのたるみ対策メニュー

光フェイシャルで深層たるみケア

スキンケアの限界を超える!
即効性
手軽さ
メリット
・沈着したメラニンに反応
・コラーゲンの再生を活性化
・肌へのダメージが少ない
・ダウンタイムがない為、施術直後から洗顔&メイクが可能
・シミ、ソバカス、シワ、赤ら顔、毛穴、ニキビなど肌トラブル全般に有効
・素肌力が上がる
デメリット
・産毛が多いと光が毛に反応して痛む可能性があり、剃毛が必要
・施術後紫外線に敏感になる為、紫外線対策を念入りに行う必要がある
・日焼け対策や施術前の剃毛を怠ると肌トラブルになる恐れがある
美容液1本VS光フェイシャル1回

光フェイシャルはエステティックサロンの施術メニューの中でも、まさに「セルフケアを越える」と言われている施術です。どんなに効くコスメでも、スキンケアには限界があります。最近はドクターズコスメなどかなりレベルが高い商品が市販されるようになりましたが、それでもエステでの施術には適いません。光フェイシャルは1回5000〜10000円前後が相場価格ですが、同じ金額の美容液1本消費したとしても、光フェイシャル程の効果が確実に得られるとは限りません。やはり光フェイシャルの魅力は即効性、更に顔のたるみに効くだけではなく、肌トラブル全般に有効で総合的な素肌力を高めるところでしょうか。

細胞自体が上向きに

光フェイシャルは肌細胞に働きかける特殊な光を照射することで、肌トラブルを改善し、輪郭を引き締めながら美肌に導く施術です。目肌立ちがクッキリし、顔全体が上向きになることを実感できる筈です。スキンケアの限界を超える施術、と高い評価を得ており、市販コスメでは届かない皮膚の深層部分を細胞レベルで活性化させることができます。肌表面を応急処置的に整えるのではなく、コラーゲンの再生を促し、細胞自体にアプローチする為、内側から美肌が蘇ります。肌へのダメージも少なく、施術時間も短いのが特徴で、ダウンタイムもありませんから施術直後から洗顔&メイクも可能です。

紫外線対策に要注意

ただし、良いこと尽くめの光フェイシャルにも問題はあります。それは紫外線対策。光フェイシャルの施術後、肌は紫外線に非常に敏感になっています。ですから肌が落ち着くまでは紫外線対策を念入りに行う必要があります。また日焼け止めなど紫外線対策グッズもできるだけ低刺激のものを選ぶ必要があります。