ほうれい線を消したい!化粧品とサプリメント!

美容整形で本格たるみ処置

たるみに打ち勝つプチ整形

生き残ったヒアルロン酸注射
即効性
手軽さ
メリット
・即効性大
・メスを使わない注射施術で安全性が高い
・メスを使わないので傷跡も残らない
・美容成分を注入するので仕上がりが自然
デメリット
・永続的な効果はなく、定期的な施術が必要
・1回1回は安くてもトータルで費用がかさむ
・注入する成分によってはアレルギー反応が出る
プチ整形競争で生き残ったのは・・・?!

メスを使わないプチ整形、すっかり女性たちの間で常識化しましたよね。プチ整形の登場で、美容整形外科の敷居はグッと低くなった筈です。従来の美容整形外科のイメージである後ろめたさのようなものは、プチ整形にはありません。安全性、気軽さ、低料金・・・まさに魅力溢れるプチ整形ですが、登場当時騒がれていたコラーゲン注射やボトックス注射、最近あまり名前を聞かないことにお気づきですか?

ヒアルロン酸の安全性

実は、プチ整形競争で生き残ったのはヒアルロン酸で、コラーゲン注射やボトックス注射をメニューから外すクリニックは少なくありません。なぜなら、安全と言われていたプチ整形ですが、コラーゲンはアレルギー反応を起こしやすいことが多く、3〜5%の割合でリスクが発生していたことが判明しました。しかも効果も半年未満しか持続せず、次第に人気が下がっていったというわけです。また、ボトックス注射も実際に施術した患者さんのトラブル発生例が少なくないケースで報告され、現在では以前程の人気を集めてはいません。その点、ヒアルロン酸はアレルギーテストの必要がない程安全ですし、無色透明なのでどこに注入しても問題ありません。メイクも注入後1時間でOKですし、傷が残る心配もありませんし、ほとんど腫れません。しかも、顔のたるみを目立たなくさせるだけではなくシワも軽減して顔全体のアンチエイジング効果が期待できますし、約1年間も効果が持続します。

安全なコラーゲンも

もちろん、美容整形業界の発展はかなり目覚しいので、最近はアレルギーテストの心配がない安全なコラーゲン注射も登場しています。いずれにしてもプチ整形で美容成分を注射する時には、念には念を入れて調べる必要があります。特にリスクやデメリットに関しては慎重にリサーチし、常に最新情報をチェックしてから施術するようにしましょう。顔のたるみ対策でプチ整形する場合、どの部分に美容成分を注入するのか、よく話し合う必要があります。顎を膨らませて顔を立体的に見せるテクニックなど、色々説明を聞く必要があります。施術自体は簡単&手軽なものですが、準備は抜かりなく行うようにして下さい。